2017年09月25日

インド人から信頼を得るには

インド人から信頼を得るためには、誠実にとかいろいろあります。

中でも大事なのは、金払いの良い事です。

金額の大きさはあまり関係ありません。

できるだけ早く、確実に払うということを続けていけば、間違いなく信頼は得られていきます。

仕事をやればその後すぐに、確実にお金を払ってくれる関係というのは、何より安心感と信頼感を与える事ができます。

そうすると、いろいろなムリも聞いてもらえる関係になります。

こちらがインド側へ売り込みたい場合も、基本的に同じ考え方です。

すなわち、売った後のフォローやつながりがずっと続き、困った事があればいつでも対応してあげるような関係を作ることです。

そうすれば、インド人に安心感を与える事ができ、それが信頼感につながります。

「安心感」を感じてもらう、これが鍵です。
posted by Katsuhiko Doi at 07:30| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

返事を確実に入れる

日本人から「インド企業へ商品等に関する質問や見積依頼などをしたけど回答ないので、聞いてみてくれ」という依頼が時々あります。

一方インド企業からも、日本企業(主に買い手)の担当者宛に「連絡してるのだが返事がないので、聞いてみてくれ」というのも結構あります。

連絡してみると、その多くは「もうそのインド企業は必要なくなったので...」、とうものでした。

日本人から見ると「インド企業は返事をくれない」という意識を持つ人は多いのですが、逆の不満もかなりあるということは知っておいた方がいいでしょう。

用事がなくなったら、「もう必要ないので、また次回に」程度の返事は入れてあげるようにするべきです。

日本企業の大きな強みは、「品質の良さ」に加えて「行儀の良さ」だと思われているので、そのイメージが損なわれたら大きな競争力のダウンになります。

メールへの返信は、できるだけ早く確実に入れるようにすべきです。
posted by Katsuhiko Doi at 07:41| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

海外ビジネスが得意な司法書士

先日、依頼したいことがあって司法書士の方とお会いしました。

司法書士の方とまじめに話したのは昨日が初めてでしたが、司法書士にも企業法務、特に海外ビジネス関係を得意としたなどという専門分野分けがあるとは知りませんでした。

そして、やはり、そうした事務所は今忙しいそうです。

先生は、アジア各国にもしばしば行ってるようです。

司法書士は弁護士に比べて敷居が低いんでしょうから、気軽に相談できるメリットはありますね。

そういうことなら、今後何かしら協業していける機会があれば良いのですが。
posted by Katsuhiko Doi at 09:38| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

可能性の国

インドに関わる仕事をするようになると、当然誰かインド人と知り合います。

そのインド人のつながりから誰かまた別のインド人を知るようになります。

そのようなネットワークの広がりの中で、自分にお金、人脈、知識、技術、あるいはネームバリューなどのなかのどれかがあると、それを目当てにインド人からいろいろな事業の提案を受けるようになります。

これには真剣なものから思いついたアイデアをまず投げてみるという程度のものまで、いろいろあります。

いずれにしても、たまにはチャンスが目の前を通過していきます。

日本人の側も、その中でいいものを見つけ、たとえこれまでの自分の専門分野と違うものであっても、スピーディに取り入れてみるという姿勢が大事です。

そういう姿勢があるなら、インドにはいろいろな可能性があります。
posted by Katsuhiko Doi at 12:59| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

インド人の社会貢献意識

インドには、成功者や金持ちは貧しい人や恵まれない人のためにお金を使うという習慣があります。

また、自分の金を社会にも貢献しようと言う意識もあります。

私がこれまで会ったある程度お金を持ってるインド人の中で、ケチと感じた人はいません。

ただ、そういう成功者でもビジネスでは少しでも儲けようとしますが、それはその結果社会を良くすることに貢献したいという意識もあるからです。

単にお金を儲けて良い暮らしをしたいというのは、まだ成功していないインド人の場合です。

ただそんな彼らでも将来そうありたいという意識は持ってます。

私はそれを知ってから、ビジネスの上での駆け引きにも余裕を持って対峙することができるようになりました。
posted by Katsuhiko Doi at 07:49| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

インド人幹部候補の採用

当然ですが、インド人は皆全く違うし、それぞれ得手不得手があります。

日本企業のインド進出で、「日本国内でたまたま知り合ったインド人を入社させて、将来のインド進出に備える」という会社は多いです。

この場合、日本の文化をある程度知っていることや日本語ができるというメリットはあります。

しかし、将来のインド法人の幹部にしようというのであれば、最も大事な要素、すなわち営業力=人脈力の考慮が抜けている気がします。

私が多くのインド人を見ていて、この営業力、人脈力については、個人差が大変大きいのです。

そしてこの点は、インドで商売する時には最も大事な点なのです。

日本文化は教えれば、ほとんどのインド人にはわかってもらえるようになります。

しかし営業力と言うのは、個人の性格や経歴による所が大きく、後で教えて簡単にできるようになるものではないと思います。

インド人の採用に際しては、このことに是非重きを置いてください。
posted by Katsuhiko Doi at 09:01| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

英文会社案内を準備しておく

インド進出にあたり、その製品やサービスのインドでの市場動向を調べることになります。

その場合、同業者や関係者に会ってヒアリングする事は有効です。

買い手として調達目的の面会でない場合、面会するインド企業にまず自社の紹介をしなければなりません。

その際には、商品の説明よりも、会社の歴史や企業理念、企業文化などを示しておく事が大事です。

これからグローバルに展開していく事が求められてる時代に、自社のことを短時間で相手にわかってもらうツールとして、会社案内をとらえる必要があるでしょう。

会社案内は髪でなくても、自社のウェブサイト内に英語で準備してあれば十分です。
posted by Katsuhiko Doi at 09:18| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

十分な管理コストを見込んでおく

昨日は、仕事を委託しているインド人から電話がかかってきて、「なかなか仕事がうまくいかない」と言うので、「大丈夫、できます」という感じで力づけていました。

多くのインド人は、自分を実力以上に見せ、頑張りますが、結局できないことも間々あります。

そうならないように、途中で細かく状況を聞きだして、軌道修正やら上述のようなモチベーション・アップを図っていかなければなりません。

ある業務や作業をインド企業に委託すると直接コストは下がりますが、このようなことなど管理コストはかなり上がることを見込んでおかなければなりません。

そうした経験を経て、スマートでスリムな業務の機能分担が実現していくことになるのでしょう。
posted by Katsuhiko Doi at 15:21| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

日本企業のアドバンテージ

先日、中国企業のインドからの調達に関してサポートする機会がありました。

そしたら、日本企業のときとは違って、企業の概要やその他事細かに情報の提出を求められました。

日本企業の場合、そこまで厳しく言われた経験はないことでした。

インド人パートナーに聞くと、中国企業は資金回収に問題があった会社があったようです。他にも、安全保障上の問題があるのかもしれません。

結局その中国企業は、そこまでの要求に応えられませんでした。

このように日本企業にアドバンテージがある間に、インドでしっかり足場を築いておくことの重要性を再確認しました。
posted by Katsuhiko Doi at 07:26| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

上から接しない

ンド人から、いつも「仕事をくれ」と言われるような状況に慣れてくると、ついついこちら側が実態以上に強い立場であるかのような気になってきます。

インド人は過去に受けた恩は、将来にわたって返してくれます。逆に、ひどい扱いを受けると、それも忘れません。

「金を払ってるんだから俺の方が偉い」という気分でいると、将来そのツケを払わされることになります。

私も過去に、ついついそれに近いこともやってしまったことがあります。

そうならないために、普段から思いやりを持って相手と接していなければなりません。売り手とか買い手とかいう立場は全く関係ありません。

将来にわたって良い関係を築くために、「仕事をくれ」と言ってきても、上から見下ろすようなことはしないことです。
posted by Katsuhiko Doi at 08:21| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする