2016年10月27日

キャパを超えて仕事を受ける人

先日、以前よく仕事を頼んでいたインド人パートナーから連絡がありました。「何か、新たな仕事はありませんか?」というものでした。

彼は、前回の仕事であまり良いパフォーマンスを示せなかったので、最近は彼との仕事はお休みしていました。

彼は、やる気はあり、仕事は基本的に断らないのはいいのですが、今持っている仕事量が自分のキャパを超えていても、なんとかなると仕事を受けてしまうのです。

つまり、彼は仕事を断わることが不得意で、楽観的に考えすぎて仕事の質の低下してしまうことに鈍感なところがあるのです。

こうした人には、レスポンスの速さや、より大き目の負荷を与えるなどの反応から、今の仕事量がキャパを超えてないかチェックすることが大事です。


posted by Katsuhiko Doi at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。