2017年02月28日

相手の主張を受け止める

インドで仕事をしていると、インド人委託先から、今こちらがお願いしている仕事は「こんなに大変なんだ」というようなアピールをしてくることがよくあります。

それは、基本的にはその大変さを理解させて、自分を認めてもらいたいとか契約金額を、今後上げてもらいたい意識があるからです。

この時普通は、「いや、それは違う」とか「こうすれば簡単だ」などと言いがちです。

でもこれまでいろいろ試みてきた結果から言うと、「その通りだね」とか「私もそう思う」などと受け止めてあげる方が良い結果になります。

インド側は、金額のアップもありますが、難しい仕事をやり遂げようとしていることや自分の力を認めて欲しい方が強くあります。

そこを理解して、対応してあげる方がお互いの関係が良くなるし、ひいてはお互いの利益につながります。


posted by Katsuhiko Doi at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。