2017年07月27日

代わりの会社を用意しておく

先日、長い付き合いのインド企業と契約の交渉を行った。

価格でもめて、先方はかなり高い金額を要求してきた。そんな金額では全然ダメです。

それで、「それでは別の会社と話を進める」と告げ、他社と交渉を開始しました。

その後、その断ったインド企業の社長からのメールがあって、「あれは考え方を言ったのであって、どのような価格でも我々は常に前向きに仕事をする方針です」というものでした。

それで、再度その会社と交渉し、かなりのディスカウントした上で合意に至りました。

インド企業との交渉では、必ず代わりの会社を持っておいて交渉に臨む事が大事ですね。


posted by Katsuhiko Doi at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。