2017年09月13日

返事を確実に入れる

日本人から「インド企業へ商品等に関する質問や見積依頼などをしたけど回答ないので、聞いてみてくれ」という依頼が時々あります。

一方インド企業からも、日本企業(主に買い手)の担当者宛に「連絡してるのだが返事がないので、聞いてみてくれ」というのも結構あります。

連絡してみると、その多くは「もうそのインド企業は必要なくなったので...」、とうものでした。

日本人から見ると「インド企業は返事をくれない」という意識を持つ人は多いのですが、逆の不満もかなりあるということは知っておいた方がいいでしょう。

用事がなくなったら、「もう必要ないので、また次回に」程度の返事は入れてあげるようにするべきです。

日本企業の大きな強みは、「品質の良さ」に加えて「行儀の良さ」だと思われているので、そのイメージが損なわれたら大きな競争力のダウンになります。

メールへの返信は、できるだけ早く確実に入れるようにすべきです。
posted by Katsuhiko Doi at 07:41| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする