2017年10月19日

長く続けることをまず考える

「次はインドだ」と言われて、もう1下年位にはなるでしょう。

日本企業のインドへの興味は大きくなって入るのですが、進出ラッシュとまではいかないようです。

数年前、インド進出を検討しようということで、私に連絡くれた人の中で、行ったけど結局撤退という会社のありました。

そういう会社を見てると、インドでネットワークを作り、一定の地位を築くまで待ちきれなかったと感じます。彼らの多くは中小企業や個人の起業家です。

インドはやはりネットワーク社会ですので、そのネットワークを広げるのにある程度の時間が必要になります。

それでインドで成果を出すためには、まず少ない資金で長く事業を続けることを考えて計画しておくべきでしょう。
posted by Katsuhiko Doi at 09:14| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

スキルを見極める

先日あるインド人から、「自分に仕事をさせてくれ」というアプローチを受けた。

そのインド人は、他の日本の中小企業からもインド国内での業務を請け負っているということでした。

性格も良さそうだし、小さな仕事(販路開拓)を頼んでみました。

そしたら、開拓した数と開拓先の質の両面で、全然ダメでした。

これは、今委託しているという他の日本企業も苦労してるだろうな、と思いました。

その人は、少し日本語ができるし、人あたりは良いので頼んでいるのでしょうが、ちょっとうまくのせられてる感じがしました。

「良いインド人と知り合えた」と思っても、冷静にスキルを見極める事が大事です。
posted by Katsuhiko Doi at 12:17| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

幹部のレベルが人をひきつける

先日、インド人の古い知り合いから連絡がありました。

その人はIT技術者ですが、今は会社を替わっていました。

会社を替えた理由は、前の会社の幹部にあったようです。

会社幹部とそりが合わないとかいうのではなく、もっと優秀な幹部がいる会社に移りたいと言うことだそうです。

つまり、優秀な幹部のいる会社に移った方が、自分の将来はキャリアや給与の面でより豊かになれると考えているようでした。

彼曰く、このような思考で会社を移るインド人は多いそうです。

あるいは、それなら自らがトップになった方が良いという発想になるそうです。

優秀なインド人を社員にしたいと思えば、単に待遇を良くするだけではなく、トップ自らが研さんして、その優秀さを部下にアピールする努力も大事だと感じました。
posted by Katsuhiko Doi at 09:00| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

チェックし改善しながらゴールに到達する

先日、仕事を委託しているインド人からの中間アウトプットについてチェックし、改善について話し合いました。

インドと付き合い始めたころは、納期に納品されたものを見て、驚いて作業のやり直しとなるパターンでした。

あのころは、納品されたものを見るのが怖かった。

しかし今では、その問題はほぼ解消されています。

多くのインド人はチェックされ、指摘された所を、その通りに改善することで、効率的な作業をしようとしているとわかったからです。

なるほど、最初から完璧にしようとするより、トータルとして効率的にゴールにたどり着ける方法です。

こちらとしても、この方法だと、先が見通せるので、計画がたてやすいのです。

インド側からのアウトプットは最初から望むものは出てこないという前提で、チェックポイントを設け、改善しながら、最終的に納期内に仕上げるという考え方とスケジューリングが大事です。
posted by Katsuhiko Doi at 08:32| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする