2017年10月11日

幹部のレベルが人をひきつける

先日、インド人の古い知り合いから連絡がありました。

その人はIT技術者ですが、今は会社を替わっていました。

会社を替えた理由は、前の会社の幹部にあったようです。

会社幹部とそりが合わないとかいうのではなく、もっと優秀な幹部がいる会社に移りたいと言うことだそうです。

つまり、優秀な幹部のいる会社に移った方が、自分の将来はキャリアや給与の面でより豊かになれると考えているようでした。

彼曰く、このような思考で会社を移るインド人は多いそうです。

あるいは、それなら自らがトップになった方が良いという発想になるそうです。

優秀なインド人を社員にしたいと思えば、単に待遇を良くするだけではなく、トップ自らが研さんして、その優秀さを部下にアピールする努力も大事だと感じました。
posted by Katsuhiko Doi at 09:00| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする