2018年02月16日

リスクを取れるよう経験を積む

インド・ビジネスの場合、日本人はインドのリスクを過大に見積もりすぎる傾向があるようです。

ミャンマーまでは日本人にとって親しみがあるようですが、インドとの国境を超えると、その先は未知の世界であるかのようです。

リスクは確かにあるし、それを事前に考える事はもちろんしなければいけません。

しかし、それを過大に考え過ぎると、スピード感に欠け、結局大魚を逸することにもなります。

リスクをとって先に進められるかどうかは、結局それまでの経験の積み重ねなのでしょうね。

できれば小さいことかあ経験を積むようにし、他人の経験談も勉強する事が大事で、それがインド・ビジネスの拡大につなげることができるのでしょうね。

かく言う私も、インドビジネスを通じて小さいながらリスクは何度もとってきましたが、結構ドキドキすることもありますが、それは自分の経験として蓄えられます。
posted by Katsuhiko Doi at 16:00| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

良い人脈を築く

インドでは、ソリューションを持っている人を探すのに、知り合いの人脈も含めた自分の人脈を使うので、ビジネスにおいて最も大事なものは人脈となります。

その人脈を築くためには、まず多くの人と知り合い、考え方や志が通じる人を見つけたら、こちらが相手から気に入られるようにしばなりません。

海外ビジネスを考えていると言う人にお会いする機会も多いのですが、中には相手から引き出せるだけ引き出し、あるいは利益を得ようとするだけで、自らはリスクは一切取らず、金も一銭も出さないという態度の人もいます。

しかしこれでは、せっかく良いインド人を見つけても、人脈になる事はありませんし、集まってくるのは同類のインド人だけということになるでしょう。

インドビジネスのためには、英語や技術的なこともありますが、良い人脈を得るための態度を磨くことの方が大事といっても良いでしょう。
posted by Katsuhiko Doi at 15:12| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

少しのリスクは許容する

インド・ビジネスをする場合、インド側の取引先やパートナーが納期や仕様を守ってくれるかといった不安や、さまざまな不確定要素も想定されるなど、いろいろなリスクはあります。

そうしたリスクとうまくつきあっていくことが大事です。

日本企業からの相談を受けると、ほとんどの会社さんが必要以上のリスクを感じてることがわかります。

その気持ちは十分理解できますが、インドは可能性が大きい国ですので、小さな失敗はできる程度にリスクの許容範囲を少し広げると、やれる仕事は一気に大きく広がります。
posted by Katsuhiko Doi at 13:08| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする