2017年05月11日

インドの活用事例

最近あった調査業務ですが、世界中のネット情報から大量にデータを集めて、まとめるという仕事でした。

したがって、英語ができて、コストパフォーマンスの高い人材を大量に必要とするものです。

そのような条件であれば、「インド人」以上の適任者はないでしょう。

ネットに溢れる大量の英語情報を収集分析することは、英語国でない日本人には不向きで、それを補完するものとしても、インドと関係構築するメリットは大きいでしょう。


posted by Katsuhiko Doi at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。