2017年08月24日

インド人幹部候補の採用

当然ですが、インド人は皆全く違うし、それぞれ得手不得手があります。

日本企業のインド進出で、「日本国内でたまたま知り合ったインド人を入社させて、将来のインド進出に備える」という会社は多いです。

この場合、日本の文化をある程度知っていることや日本語ができるというメリットはあります。

しかし、将来のインド法人の幹部にしようというのであれば、最も大事な要素、すなわち営業力=人脈力の考慮が抜けている気がします。

私が多くのインド人を見ていて、この営業力、人脈力については、個人差が大変大きいのです。

そしてこの点は、インドで商売する時には最も大事な点なのです。

日本文化は教えれば、ほとんどのインド人にはわかってもらえるようになります。

しかし営業力と言うのは、個人の性格や経歴による所が大きく、後で教えて簡単にできるようになるものではないと思います。

インド人の採用に際しては、このことに是非重きを置いてください。
posted by Katsuhiko Doi at 09:01| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: