2017年09月29日

ビジネスにおけるチップ

チップの制度は、インドにもあります。

この点で、インド・ビジネスにもチップの精神はあります。

ある固定金額契約での営業の仕事で、最終局面を迎えつつある案件があります。

先日、その件で仕事をしてもらっているインド人から電話があり、「最終的に契約が取れたら、コミッションもらえないか顧客に話をしてみてくれ」というものでした。

私は、「そういうものは契約にないから、顧客にそうした義務はない。ただ、話だけは入れておく」ということにしました。

依頼してきたインド人も、お金取れれば儲けものという程度の話です。

ビジネスにおけるチップは、満足いく仕事であっても払う必要はないのですが、もしそれをお金という形で表現できるなら、それは最高の表現方法である事は間違いないでしょう。

長い付き合いをしたいと思う場合は、少額でも払ってあげれれば、次からも頑張る事は間違いないでしょう。

契約にないことですから払わなくても気にする必要はありませんが、「仕事に満足している」という気持ちは何らかの表現で伝えておくべきでしょう。
posted by Katsuhiko Doi at 07:16| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: