2017年10月06日

チェックし改善しながらゴールに到達する

先日、仕事を委託しているインド人からの中間アウトプットについてチェックし、改善について話し合いました。

インドと付き合い始めたころは、納期に納品されたものを見て、驚いて作業のやり直しとなるパターンでした。

あのころは、納品されたものを見るのが怖かった。

しかし今では、その問題はほぼ解消されています。

多くのインド人はチェックされ、指摘された所を、その通りに改善することで、効率的な作業をしようとしているとわかったからです。

なるほど、最初から完璧にしようとするより、トータルとして効率的にゴールにたどり着ける方法です。

こちらとしても、この方法だと、先が見通せるので、計画がたてやすいのです。

インド側からのアウトプットは最初から望むものは出てこないという前提で、チェックポイントを設け、改善しながら、最終的に納期内に仕上げるという考え方とスケジューリングが大事です。
posted by Katsuhiko Doi at 08:32| Comment(0) | インド・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: